#007 藤田ゆみさん

#007 藤田ゆみさん

3. 変化しつづける

— 仕事と子育てのバランスはどんなふうにとられていますか。

藤田:子どもと暮らす中で、仕事のやり方もかたちを変えつつやっている感じですね。やりたいことはいっぱいあって、全部自分でやっていたら、子どもを見る時間なんてなくなるので、どんどん手放していかないとだめだって、やっていくうちに気がつきました。関わってくれる人たちそれぞれに得意なことがあるから、どんどんお任せしていく。自分の得意なことを活かす場として、この場があるといいと思っています。

— 三人お子さんがいらっしゃいますが、生活スタイルはどんなふうに変化してきましたか。

藤田:三人目にしてやっとわかったんですけど、本当に子どもってひとりずつ全然違うんですよね。一人目がこうだったから、次の子もそうしたらいいということじゃない。子どもが日々ありのままに受け止められて、いきいきと過ごしているかどうかが一番大切なので、どういう環境だったらこの子にとって一番いいのかなと、ひとりひとりの様子を見て、試行錯誤しながら暮らし方も変化させている感じです。子どもを見ながら仕事を含めた暮らしのかたちも変えていく。日々、その往復ですね。本当に子どもを見るって、こういうことだなと思いながら子育てしています。

プロフィール

藤田 ゆみ(ふじた ゆみ)
くらすこと 主宰。ケアワーカーとして特別養護老人ホームにて寮母職に従事し、その後、社会の福祉に関わることは、どのような形でも一生自分の核になるものであるという思いがあったため、もう一つの夢であった出版の仕事をしたいと思い、編集プロダクションに転職。その後、ライフスタイル系カルチャー誌の編集部をいくつか経て出産と子育てのため一時仕事を離れるが、自らの子育ての日々を通し、 2005 年、オーガニックな暮らしやスローな子育てをテーマとした“くらすこと”の活動をはじめる。 子どもは8歳の長男と4歳の長女、2歳の次男の三人。

くらすこと
http://www.kurasukoto.com/

Index

  1. 本質を考える
  2. みんなが育つ場所
  3. 変化しつづける
  4. 人と関わりたい
  5. 与えるよりも守ること

インタビュー日:2011.11.8
インタビュアー:遠藤 綾

COMMENT ON FACEBOOK

最近のお知らせ/ブログ